富岡製糸場 世界遺産(仮)

画像

画像

ちょっと群馬県にイベントで行く用事ができ、そのついでに話題の富岡製糸場へ行ってきました
6月から世界遺産になるみたいで、混む前に見とこかなと。
まだ5月なので(仮)と言う事でw

こちらがHPになってます↓
http://www.tomioka-silk.jp/hp/index.html

ちょっと離れてますが無料駐車場が完備して有ります。場所はHPか写真を参考に。
画像

早く着過ぎたかな~まだ開くまで1時間あるので街中を散策しながら行こうと思います。
駐車場からは約1kmの道のり、矢印での道案内がされているので迷う事は有りません。
画像

上州富岡駅
なんか斬新なデザインです。
画像

画像

画像

画像

画像

そこかな突如、街の中にレンガ畳みの建物が現れます。
画像

到着。
画像

開く10分前に着いたのですがもう100mほどの行列ができてました。
ってか、まだまだ延びそう。GWは、コレよりも酷かったみたいですよ。
混む前にとか言って、もう終わってました
画像

中へ入りますよ。
画像

画像

ガイドさんです。
えーとっ、自由に見て回れるのですが、無料のガイドさんも数名おり説明を聞きながら回る事もできます。
まっ、せっかくなのでガイドさんと一緒に回ります(約40分程度)
実は意外と人気です。ガイドさんと回ってから自由に回るのがオススメです。
画像

東繭倉庫
画像

ヨーロッパ式のレンガ畳みらしいです。
画像

女工館
技術を教えるフランス人女性教師の住居として使われていた建物。
画像

画像

繰糸場
画像

画像

画像

建物は古いですが中は昭和40年代以降に設置された機械。
画像

画像

診療所
画像

ブリュナ館
画像

ガイドさん業務、今日が初めてだったらしい。
皆で拍手でお礼、有難うごさいました

こうゆうの見ると、どうしてもあゝ野麦峠を連想しがちですが説明を聞いてみると全然違うみたいです。
当時の女性が最新の技術を学べる場所であり、これが各地に広がり日本の近代化に貢献したらしい。
画像

西繭倉庫
画像

乾燥場
インパクトのある煙突。
画像

今年の2/14~15の大雪で半壊してしまったらしい天候的な事考えると古い建物の保存って難しいよね。
せっかく世界遺産になるのに、早期の復旧願います。
画像

東繭倉庫の中では展示品や体験コーナー、売店などがあります。
画像

画像

画像

実物の蚕、沢山いるとグロイ
画像

画像


画像

まちなか観光物産館
イメージキャラクターのお富ちゃんだそうです。
周辺の情報やお土産とかにどうぞ。
 
ネットを見たら工女さんも愛したカレーが人気のようです。
行く前に見つけていれば現地で食べて来たかも残念。

これからドンドン混みそうな感じです。改めて世界遺産というブランド効果の大きさを感じました。
あと場所が街中なので車の行き来がありますので十分注意してください。


長々と見て頂き有難うございました
これから富岡製糸場へ行かれる参考になれば幸いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック